土地の最新の登記情報を確認した時に、
登記に記載されている所有者の住所や苗字が、
現在とは違っている時があります。

たとえば、土地を購入した時の住所から、
現在は引っ越しなどをして違う住所になっている場合や、
婚姻や離婚などによって苗字が変わっている場合があります。

そういった場合に、その土地の地目変更をしようとした時には、
申請人となる所有者の住所や苗字が、
登記の所有者の住所や苗字と違っていることになります。

このような場合には、その土地の所有者と、
申請人との同一性を保つために、
住所や、苗字が変わっていることの証明が必要になってきます。

一番良いのは、地目変更の登記申請の前に、
住所や氏名の変更登記をするのが良いのですが、
かならずしも、それを先にしなければならないわけではありません。

具体的には、登記の住所と、現在の住所が違っている時には、
つながりのわかる住民票か、戸籍の附票を、
地目変更登記の申請書に添付して提出すれば良いことになります。

ただ、それによって、
登記の住所の記載が、
現在の住所に変更されるというわけではありません。

あくまで、地目変更登記をするには、
住所の変更登記をしなくても支障はないということです。

もし、住所の違いであれば、
基本的に、登記の住所~現在の住所への経緯がわかる、
住民票か、戸籍の附票が必要です。

登記の住所が、1つ前の住所であれば、
住民票を取得する時に、『1つ前の住所も記載してください』と、
市役所の窓口担当者に伝えれば、1つ前の住所も記載してもらえます。

逆に、1つ前の住所を記載してほしい旨を伝えなければ、
現在の住所のみが記載された住民票となってしまいますので、
かならず、1つ前の住所の記載の旨は伝えなければなりません。

スポンサーリンク


もし、登記の住所が2つ、3つ・・・前の住所であれば、
戸籍の附票を取得することになります。
戸籍の附票には、戸籍ができた時からの全ての住所が記載されているからです。

ただ、戸籍の附票については、保存期間が約5年と定められていますので、
戸籍の附票が閉鎖されてから5年を経過していると、
廃棄されている可能性が高くなります。

もちろん、戸籍の附票が閉鎖されない限りは、
何年でも役所に存在していますので、
閉鎖されてから約5年という点には注意が必要です。

たとえば、30年くらい前に、ある役所で戸籍を作り、
その後、他の役所に戸籍を移していなければ、
戸籍の附票には、30年間の住所移転の経緯が記載されています。

ちなみに、住所と戸籍の本籍は別のことで、意味が異なりますので、
たとえ何度か住所を変更していたとしても、
戸籍の本籍はそのままでしたら、戸籍の本籍は同じ所のままです。

逆に、戸籍の本籍を別の役所移してしまっていれば、
その時点で戸籍の附票が閉鎖され、
その時から5年を経過していれば、廃棄されている可能性が高くなります。

もし、登記の住所から現在の住所までの間に、
戸籍の本籍も移しているようでしたら、
それぞれの本籍地のある役所で戸籍の附票を取得して、
つなげる作業が必要になります。

ただ、そういった場合には、
現在の戸籍の本籍地での戸籍の附票は取得できますが、
1つ前の戸籍の本籍地では、
戸籍の附票は5年を経過して廃棄され、取得できないこともありえます。

つまり、登記の住所の記載が、戸籍の附票からでは見当たらない時もあり、
その時には、法務局の登記担当者と打ち合わせをして、
その他の必要な書類を提出する流れになります。

スポンサーリンク