この記事の監修者

土地家屋調査士:寺岡 孝幸(てらおか たかゆき)
資格:土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)、行政書士。
取扱い分野:地目変更登記など表示に関する登記全般。

経歴:開業以来19年間、地目変更など登記に関する業務を行っています。
土地家屋調査士のプロフィールはこちら

非農地証明とは、登記の地目が農地であっても、
現地がすでに農地以外の状態となっていて、
基準以上の年月が過ぎている場合に適用されるものです。

通常であれば、農地を、農地以外の状態に利用するには、
農地法の届出や、許可を受けてから、
現地の状態を変更する必要があります。

ただ、そういった農地法の届出をしないで、
現地の状態が変わってしまっていることもあります。

そういった時に、ある一定の条件が整っていれば、
本来なら、農地法の届出や許可を受ける代わりに、
非農地証明という簡便な証明でも良い場合があるのです。

もちろん、登記の地目が、田や畑などの農地の土地を、
農地以外の地目に変更する場合には、
農地転用の手続きを受けた書類の添付が必要になります。

しかし、非農地証明を受けていれば、
非農地証明の書類を添付して、
農地を、農地以外の地目に変更することが可能になります。

つまり、登記の地目が田や畑の土地を、
それ以外の地目に変更しようとすれば、
農地転用届出書か、農地転用許可証、
または、非農地証明を添付すれば良いことになります。

この3つの内で簡単な手続きは、非農地証明と、
農地転用届出の手続きになります。
逆に、農地転用許可については、比較的難しい手続きになります。

そういった理由からも、農地を宅地などの地目に変更したい場合には、
まず、非農地証明を受けることができるかどうかについて、
最初に検討すると良いかもしれません。

スポンサーリンク

非農地証明の担当部署は、
地域の市町村役所の農業委員会が窓口です。

そして、非農地証明を受けるための条件が整っていれば、
非農地証明願いという申請書と、
その他の添付書類を農業委員会に提出します。

提出してから、何も問題なければ、
通常でしたら、約10日~2週間前後くらいで、
非農地証明を農業委員会の窓口で受け取ることができます。

引き続いて、農地の地目変更をしようとする場合には、
農地転用の書類として、
非農地証明を地目変更の登記申請書と一緒に法務局に提出します。

また、農地を農地以外の地目に変更する場合には、
法務局に地目変更の登記申請書類を提出してから、補正などなければ、
約10日~2週間前後で登記完了になります。

つまり、非農地証明を受ける所からの全体的な期間で言えば、
地目変更登記完了まで、1ヶ月もかからない場合が多いでしょう。

土地家屋調査士などの登記の専門家に依頼すれば、
早ければ、全体的な期間として、2,3週間で、
地目変更登記まで完了できる場合もあると思われます。

ただ、非農地証明の条件をクリアーしていない土地については、
非農地証明を受けることができませんので、
土地が存在する地域によって
農地転用届出か、農地転用許可のどちらかの手続きをする必要があります。

もし、農地転用許可の手続きが必要な土地であれば、
農地以外の目的に、地目を変更できない場合もあり、
できたとしても、全体の手続きにかかる期間は、数か月になることもあります。

スポンサーリンク