地目変更の登記申請自体は、それ程難しいものではありません。
土地の現在の登記内容を正確に調べて、
現況の地目への申請書類を作成して、法務局に提出すれば良いからです。

土地の測量や、隣地とのトラブルなどはほとんど関係なく、
その土地自体の地目を、現況に合わせる登記となっているからです。

ただ、決まり事や、進める手順がありますので、
何一つ知識がない状態で進めてしまうと、
大変な労力と時間がかかってしまうことがあります。

スポンサーリンク


しかし、地目変更を進める手順をきちんとわかっていれば、
専門でなくても、地目変更完了まで進めることが可能な登記です。

ただ、現在の土地の登記の地目が、
田か畑の場合は別です。

地目変更の申請だけではなく、
農地法の手続きが必要になってきますので、
その知識も必要になってきます。

登記の地目が田や畑以外の場合の地目変更については、
最低限の知識と、進める手順を間違えなければ、
楽に進めることができるようになるでしょう。

以下のサイトの地目変更申請を自分でできるソフトは、
そういった必要最低限の知識と、一般の人でもできる地目の判断の仕方、
最初の段階の登記内容の調べ方から、登記申請書類提出までを、
エクセルでソフト化しているようなので参考にしても良いかもしれません。

地目変更を完了させるためには、
申請書の書き方だけでなく、
法務局での調べ方や、何を調べればよいのかなど、
いろいろと手順があります。

また、全体的な流れがわかっても、
いざ細かい作業に入ると、何をどうすれば良いのかを、
結局、あちこちで調べることになり、
時間が思った以上にかかることもあるでしょう。

そういった点では、
知識と手順を最初から最後まで補助してくれるようなソフトがあれば、
かなり楽に進めることができるかもしれません。

たとえば、最初に登記事項証明書を取得するという説明が、
文章で書かれていても、
それをどこで、どうやって取得すれば良いのか?、費用は?
などいろいろと疑問がでてきます。

登記事項証明書か、少し安い登記事項要約書のどちらが良いのかや、
所有者が取得できるものなのか、それとも誰でも取得できるものか、
どこの法務局に行けば良いのかなどなど、
登記事項証明書1つ取ることに対しても山ほど疑問がでてきます。

さらに、地積測量図を取得すべき時とそうでない場合も同じで、
そこでまた立ち止まっていろいろと調べることになるでしょう。

結果、答えにたどり着ければ良いのですが、
インターネット上では細かい部分については触れてないことが多いです。

スポンサーリンク