地目変更の登記申請については、
基本的には、所有者本人から申請しなければなりません。

そして、所有者本人から申請することを、
本人申請と呼んでいます。

ただ、不動産の登記申請という手続きは、
あまり一般的な手続きではないですので、
登記の専門家である土地家屋調査士や司法書士に依頼して、
代理人として代わりに申請してもらうという方もいらっしゃいます。

所有者本人が行う本人申請に対して、
土地家屋調査士や司法書士が代理人として申請することを、
代理申請と呼んでいます。

代理で申請してもらうには、
当然そのための費用がかかってきます。
地目変更の費用は、大まかには大体5万円前後+実費が相場です。

ただ、地目変更をする土地の筆数によっては、
さらに、加算の費用がかかってきます。

例えば、1筆の土地だけ地目変更するのであれば、
約5万円前後の費用になりますが、
3筆も4筆もの土地の地目変更するには、
その分、調査する土地の数も増えて、申請書類の記載内容も増えますので、
その分費用が加算され、約7万~8万円前後+実費になります。

スポンサーリンク


地目変更の費用は、
自分で書類をすべて作成して、
自分で申請手続きを行えば、実費程度の費用になります。

実費というのは、
土地の登記簿謄本を法務局で取得する費用や、
もし、地積測量図があればその取得費用と交通費などです。

ただ、所有者本人が登記申請をする場合、
登記申請は、ある程度専門的な手続きとなっていますので、
時間と労力をかけて、いろいろと調べて作成したにもかかわらず、
何度か補正されることも多くなるかもしれません。

土地家屋調査士に依頼した場合は、
地目変更の費用については、約5万円前後ですので、
他の高額な登記費用と比べると、
比較的安い費用となっています。

登記の申請は、所有者本人からの申請が基本なのですが、
土地の測量が必要になってくる分筆登記や、
地積更正登記申請については、
所有者本人からの申請はとても無理ですので、
一般的に、土地家屋調査士に依頼することになります。

土地の大きさや周りの状況にもよりますが、
土地の分筆登記や、地積更正登記申請の費用については、
約30万~50万前後という高額な費用となっています。

もちろん、土地の面積が広大であれば、
その分測量する範囲も広くなり、
その土地に接している周りの土地の数も多くなりますので、
さらに加算費用がかかります。

ただ、地目変更については、
測量という高度な技術力が必要ではない分、
地目が田や畑以外であれば、
時間と労力を多少かければ、
所有者本人だけでもなんとかできるレベルの登記申請となっています。

スポンサーリンク