農地転用手続きとは、
農地(地目が田や畑)の土地を、農地以外に利用したい時に、
かならず受けなければならない手続きのことです。

もし、農地転用手続きを受けないで、
土地の状況を、農地以外の状況に実際に変更したとしても、
場合によっては、農業委員会などから原状回復命令が出されて、
元の土地の状況に戻さなければならなくなります。

たとえば、登記の地目が田や畑の土地を、
農地転用手続きを受けずに、更地にして宅地や駐車場にしたとしても、
場合によっては、元の田や畑の状況に戻さなければならなくなるのです。

また、登記の地目が田や畑の土地を、
勝手に更地にして、現地の状況が駐車場だからと言って、
雑種地に地目変更することもできないのです。

もちろん、きちんと農地転用手続きを受けていれば、
登記の地目が田や畑の土地を、
最終的に、雑種地に地目変更することも可能です。

つまり、土地の地目が農地(田や畑)の時には、
地目変更登記申請するよりも前に、
通常は、かならず農地転用手続きを済ましておくことが必要なのです。

スポンサーリンク


農地転用手続きを受けないで、
地目が田や畑の土地を、田や畑以外の地目に変更しようと、
地目変更の登記申請をしたとしても、登記完了が難しい場合が多いです。

なぜなら、農地転用手続きを受けていない土地について、
田や畑以外への地目変更の登記申請がされた時には、
法務局から農業委員会に対して照会がされます。

次に、農業委員会内で検討をして、
Okなのか、ダメなのかの回答を法務局に出して、
その結果、地目変更ができるか、できないかの結論が出るようです。

結果、地目変更ができないということになれば、
申請自体が却下されることになります。

農業委員会での検討の時間も結構かかりますので、
やはり、農地転用手続きをきちんと済ませてから、
地目変更の登記申請をするのが一番良いです。

また、市街化区域の土地であれば、時間はかかりますが、
農地転用手続きの前に、地目変更の登記申請をする流れでも、
田や畑以外の地目に変更できることもあるかもしれませんが、
市街化調整区域の土地についてはまず無理です。

市街化調整区域の土地を、
田や畑などの農地以外の利用にしようとした場合、
農地転用許可を受けなければならないからです。

この許可については、農地転用手続きの中でも、
最も許可をおろすのが難しく、
必要な書類も非常に多くなります。

特に、市街化調整区域にある農地の土地の地目変更は、
土地家屋調査士や、行政書士に相談して、
依頼した方が良いでしょう。

地目変更については、土地家屋調査士が窓口となり、
農地転用手続きについては、行政書士が窓口となります。

それぞれが連携していることもありますので、
どちらかの窓口で相談することで、
それぞれ対応してもらえることが多いでしょう。

スポンサーリンク